テーマ:50代以上のblog

軟弱ウォーカー生活改善に挑む その三

今回はミラブル 正確にはミラブルプラスだ! 最近は美容器具のリファやジャパネットでも同じようなものを販売していますが、早いうちにコマーシャルしていたのはこのミラブルだ。 キュートなお嬢さんがほっぺたに油性ペンを塗って、このミラブルをしばらくかけるとあら不思議、きれいに油性ペンがとれてしまう・・・  あのコマーシャルのシャワーだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟弱ウォーカー生活改善に挑む (二)

今回は水耕栽培です 野菜を摂らなくては・・ いつも食事の度に気に成る事ですが、気にしすぎるとストレスに成ったりって・・事は無くて、逆に食べ始めるとそんな事は忘れてしまってパクパク食べすぎですが せめて時々作るサンドイッチの時だけでも、思ったときに野菜があればと始めたわけです。気休めですが・・・ 作るのは比較的簡単で、部屋内ですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角島大橋

今回も山口県ですが 長州、維新、高杉晋作、この頃の維新の志士は沢山いますが。吉田松陰、木戸孝允、高杉晋作など、中でも高杉晋作の大ファンです。中学校の教科書では奇兵隊創設などと出て来るだけですが、イギリス・フランス・アメリカ・オランダとやった下関戦争の和議交渉を任されたり(この時の通訳が伊藤博文です)、第一次長州征伐の時に、幕府への恭順派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古法華笠松山(ふるぼっけ かさまつやま)

9月29日、今日は久しぶりに古法華笠松山に行って来ました とってもいい天気、この雲はロッコツ雲って言うらしい。あまり見かけない雲だが今日見たTVの天気のおじさんが加古川の人が撮った同じ雲の写真で名前を説明してた 石彫アトリエ館そばに駐車、ラッキーなことに一台も止まっていない。日陰を選んで駐車できる。少し加西方面に歩く。吊り橋の袂の登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹田城2020年

9月19日 竹田城 今年の初日です。2・3日前によさそうな日があったのですが仕事の都合で今日に成ってしまいました 朝来インターを降りて霧が高かったので期待薄とは思ったのですが、1時間かけてせっかく来たんだからと思って引き返さずに行って来ました 駐車場までに少し霧が出てましたが「すこし高いよなぁ・・・・」 良い日は駐車場からすでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘とおばあちゃん

久々のブログです コロナ渦であまり外出もできずにいますが。その間に沢山のことがありました 1月に娘が彼氏を連れて来て、あの座布団を外した挨拶を受けました。5月ごろには結婚式をとの報告でしたが、この頃からコロナ渦にはまって行きます。仕方なく4月に結婚と言うか籍を入れて、嫁ぎました。結婚式や披露宴は出来ずに11月にと延期していましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明智光秀見参!!

来年の大河ドラマは、「麒麟がくる」だそうです。さっそく福知山城に行ってきました 京都に近い亀山城もあるのですが明治のいわゆる廃城令によって売却され、大本教に買い取られました。しかし教団が大きくなるにつれて軍部ににらまれ破壊されてしまいました。石垣すらも破壊されて日本海に捨てられたと聞いたことがあります。今思えば決して危険な宗派ではなく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニーノの水車

ニーノなんて言うとどこなんだってことなんですが、JR播但線の駅 『新野』 のことです 寺前駅の一つ手前の駅で、昔は無人駅だったような気がします。のどかな神河町のそのまたのどかな所です。 この駅のすぐ近くに水車があります。三連水車との説明ですがここのあるのは5基です。ここの水車は木で作られた水車ではなくほぼ竹で作られたもので軽快に回っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤの青いケシ

3月以来の六甲高山植物園です。お目当てはヒマラヤのの青いケシと森和男先生の園内ガイドです ヒマラヤの青いケシ なぜか白いヒマラヤの青いケシ ミヤマオダマキ 野生種の花は小さいのですが栽培を続けるとだんだん大きくなるそうです クロユリ登山中に見つけると感激ですが、ここにはいっぱいあります チシマウスユキソウ エーデルワイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若狭・三方五湖 ツーデーマーチ 2018

久しぶりにツーデーマーチに参加できました。 ここでマーチングについて少々、よく知っているのがマーチングバンドですが、ここで言うマーチングとは、もっと緩い意味で、1つの目標地点に向かって集団で歩くと言う様な意味で、整列して歩くわけではありません。早い人も遅い人もそれぞれ自分のペースで完歩を目指すものです。 ですから距離も5k・10k・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路市立美術館

今まで美術館に行ったとのブログは書いたことがありませんが、これはちょっとブログに残したくて・・・ 6月16日まで、チームラボの作品が展示されてます。市立美術館のリニューアルオープンを記念して行われているのですが、姫路市立美術館としてはよく頑張ったなと思います 単純にデジタルアートと言ってしまえばそれまでですが、なかなか楽しい物でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はちこちゃん(5才)でしたが

但東チューリップ祭りに今年も行ったのですが、何かと用事があって27日でした。端末で調べると28日までとのこと、あまり期待できませんが行ってきました  予想どおりでした。しかも時々雨です ポジティブに考えれば、イベント終了まぎわで人出が少なく、すぐ横の駐車場まで行けました。例年であれば2kほど離れた駐車場に車を駐めて行列に列んでシャトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹田城の桜は 4月12日

先日、姫路城に行ってきましたが、朝来市の竹田城も気になる所です 姫路城よりも当然後に満開のはずですが案外今年は同時に咲いています 例えば、造幣局の通り抜けでも、いつもなら大川の堤の桜が散るころに通り抜けが始まるのですが、今年は造幣局の桜と向こう岸の堤の桜が一緒に見られるそうです 案の定、こちらも結構咲いています。ふもとと言うか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路城 4月9日

今回は姫路城に行きました 護国神社の裏では陣取り合戦が始まっています ここは桜、池、船、赤い橋、水面の噴水、本丸がワンショットに撮れるポイントです船では、内堀を一周する訳では在りませんが、好古園の辺りから動物園に渡るこの赤い橋までを往復します。つまりお城の南面を一往復すると言う事です。石垣の説明や歴史の説明をしてくださいます。一度乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おの桜づつみ回廊ウォーク

4月7日おの桜づつみ回廊ウォークが開かれましたが、残念ながら仕事で参加できず、翌日のウォーキングに成りました 7日は豚汁の振る舞いなどがあったりしてたいそうな人出だったようですが、今日はイベントも何も無しです でも逆に人出も少なくゆったりと歩く事が出来ました 全長は4kmもあってソメイヨシノと大島桜がメインです桜の美しさに誘われて思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高台寺、八坂あたりをぶらぶら

陽気に誘われてとは言え、桜には少し早いし、庚申さんには少し遅い半端な時期に高台寺、八坂神社あたりをぶらぶらしてきました。まずは高台寺駐車場から八坂の塔 有名な八坂公園の枝垂れ桜はまだまだですが周りは花見のゴザで木に近づけません。根元の若い桜は5分咲きぐらいかな。グルリと一周、八坂神社にお参りして南の門から出ます。今日は着物の女性が沢山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小代の吉滝

今日は濃霧注意報が出ています・冬枯れの山、竹田城を見てみようと、急遽カメラをバッグに詰め込んで出かけました。でも、どこにも霧はなく見えるのは春霞のみ、天気予報の今日は放射冷却ですから の予報にもかかわらず残年な事に・・・ そうだ!! 前から行ってみたかった ”裏見の滝” に行こう。幸い北近畿豊岡自動車道はただだし, 日高神鍋高原IC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綾部山梅林へ

何年かぶりに綾部山梅林に行ってみました どの花でも同じですが、満開のタイミングで行くのはなかなか難しいようです。今回も、昨日に雨が降って、今日は結構強い風、 あっ、今日は3月13日です。 南門の入場口の係りの人に、「もう盛りは過ぎちゃいました?」と、「はい、おととい辺りがピークでした」と、そうでしょう、10日に来ようと思ってたのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲辺寺にて

雲辺寺って、観音寺市側から車で行くと、最終がロープウェイ駅に成ります。ロープウェイの駅まで自動車以外ではいけません。もちろん徒歩もOKですが・・・ ロープウェイの駅までバスがあります。もう一つのルートは阿波池田の方から自動車で雲辺寺駐車場まで行けます 雲辺寺山の頂上は展望も良く観音寺市が一望のいい所です、しかもすぐ横にスキー場がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日光寺

近くの日光寺山に久しぶりに行ってきました 足腰を鍛えるにはちょうどいい所です 勾配15%ほどの斜面が2km程続きます。しかも山頂はテレビの中継局に成っているので、道もアスファルトで雨の翌日でも問題なしです。道路票8番ぐらいから分岐があり山道に成り、日光寺に到着です。 道路距離標は15番が最終で、NHKの中継局に成って山頂です。少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の花

去年は何かと忙しくて行けなかった六甲高山植物園。例年より早く特別開園があると知り行ってきました 兵庫薬科大学の沖先生の解説があります。先生の解説は目からうろこ、新しい発見がいっぱいでした。なぜ赤い花なの?なぜ黄色い花なの?なぜこの花は上を向いて咲くの、下を向いて咲くの、なのになぜ下を向いて種ができるの、上を向いてできるの?などなど、メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本法寺 善想寺 転法輪寺

久しぶりの京都です 観光協会の企画で1月から3月18日まで「京の冬の旅」と言うのをどこかの雑誌で見て行ってみたのです 建仁寺の塔頭や智積院、大徳寺、相国寺、仁和寺、妙心寺の塔頭、東寺の五重塔など非公開文化財を公開しているのですが、どの寺院も2度・3度行っていて、もちろん見たことのないものもあるのですが、今回は、一度も行った事のない所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の姫路城

今日は1年に一度有るか無いかの雪景色です 平成の大改修で白くなったお城がますます白くなりました まずは西の方、千姫小径から歩きました 好古園の林の向こうに本丸が見えています 中堀の鯉、エサを求めて集まるこいも動きが緩慢です。寒さもせいでしょうか 右側が中堀左側の少しだけ見えてるのが船場川、江戸時代の人口の川だとか。この道が千姫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝋梅

我が家の蝋梅が咲きました 年が進んで我が家で最初に咲く花はこの蝋梅です 赤でもなく白でもなく、ピンクでもない半透明の淡い黄色の花です 蝋細工の様なきれいな花です、梅のような匂いですがいわゆる梅の仲間では無いようです 夕日の蝋梅と思ったのですが、ただの逆光でした 次々に咲いてきています ロウソクの様な鈍い光沢が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾畑春夫さんとは

世間でスーパーボランティアと言われている尾畑さん 私には最近観音様のように見えてきました 僧侶でも何でも無い私が耳学問で教えてもらった観音さまとは、なんと言うか簡単に具体的に言うのは難しいのですが 例えば、京都の三十三間堂の千手千眼十一面観音菩薩さまを例にとると まず、菩薩さまは悟りを開いた如来様を目指して修行中のかたなのです …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

今年も年越しの準備が出来ていようがいまいが、新年はやってきます ただいつものように地球が物理の法則に従って、ごろんと1回転するとやって来るのです でも、「おめでとうございます」、「おめでとうございます」と言っているとなんだか正月に成って来ます 要はどれほど「おめでとう」と言うかにかかってる様に思われます ですから おめでと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷寺

温泉寺で十一面観音様のこと、長谷寺の十一面観音菩薩のことを書いていると、やっぱり長谷寺に行ってみたくなりました ちょっと風邪気味なのを押して行って来ました 大きさが違うとはいえそっくりです。胴とと足の割合、どっしりとした脚部、少し出下っ腹、うつむき加減の視線、などなど、観音様としての基本的な特徴はもちろんです 長谷寺の観音様は金色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横峰寺

普通、寺院をお参りするときは山門をくぐった後、手水舎で手口を清めますが、ここ四国60番札所は本堂、大師堂のほうに先に到着してしまいます 歩く遍路ならば手順どうりに進むのですが、あまりにも山深く駐車場スペースもままならない所、ここでは隣の尾根に駐車場が作られている為に山腹を横断して横峰寺に行く事に成るからです とはいえ横峰寺までそんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉寺

最近但馬地方によく行きますが、理由があるのです 北近畿自動車道が出来つつあり日高町まで開通しています 和田山から有に1時間以上かかっていたのが30分以上短縮されています しかもタダなのです 播但道は有料で姫路から和田山まで1000円以上かかりますがその先の北近畿自動車は無料なのです 以前に播但道の収益が北近畿自動車道に回さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久万高原 古岩屋

四国は愛媛、標高が高いところは紅葉もそろそろきれいに成って来ました、県道12号西条久万線を走っていると 通常と違った景色が現れます 円錐形のごつごつした山、穴がぼこぼこ空いたふしぎな山?岩?です ちょうどドライブイン・国民宿舎があったので車を止めて見物しました 看板によると国の名勝で観光名所のなのでした ここの久万高原、古岩屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more