アクセスカウンタ

軟弱ウォーカー

プロフィール

ブログ名
軟弱ウォーカー
ブログ紹介



zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
竹田城の桜は 4月12日
竹田城の桜は 4月12日 先日、姫路城に行ってきましたが、朝来市の竹田城も気になる所です 姫路城よりも当然後に満開のはずですが案外今年は同時に咲いています 例えば、造幣局の通り抜けでも、いつもなら大川の堤の桜が散るころに通り抜けが始まるのですが、今年は造幣局の桜と向こう岸の堤の桜が一緒に見られるそうです ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/12 21:18
姫路城 4月9日
姫路城 4月9日 今回は姫路城に行きました 護国神社の裏では陣取り合戦が始まっています ここは桜、池、船、赤い橋、水面の噴水、本丸がワンショットに撮れるポイントです船では、内堀を一周する訳では在りませんが、好古園の辺りから動物園に渡るこの赤い橋までを往復します。つまりお城の南面を一往復すると言う事です。石垣の説明や歴史の説明をしてくださいます。一度乗ってみてはいかがでしょう お城東の駐車場からはこの一枚動物園越しの一枚です 大手門前まで行くと人力車のお兄さんが待ってます。シャッターも押してくれますよ い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/09 17:39
おの桜づつみ回廊ウォーク
おの桜づつみ回廊ウォーク 4月7日おの桜づつみ回廊ウォークが開かれましたが、残念ながら仕事で参加できず、翌日のウォーキングに成りました 7日は豚汁の振る舞いなどがあったりしてたいそうな人出だったようですが、今日はイベントも何も無しです でも逆に人出も少なくゆったりと歩く事が出来ました 全長は4kmもあってソメイヨシノと大島桜がメインです桜の美しさに誘われて思わず端っこまで行くと4km、帰ることも考えないと往復8km歩く事に成ります まるで桜のトンネルです これが4kmですよしばらく行くと右手に菜の花畑が見えてきまっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/08 21:38
高台寺、八坂あたりをぶらぶら
高台寺、八坂あたりをぶらぶら 陽気に誘われてとは言え、桜には少し早いし、庚申さんには少し遅い半端な時期に高台寺、八坂神社あたりをぶらぶらしてきました。まずは高台寺駐車場から八坂の塔 有名な八坂公園の枝垂れ桜はまだまだですが周りは花見のゴザで木に近づけません。根元の若い桜は5分咲きぐらいかな。グルリと一周、八坂神社にお参りして南の門から出ます。今日は着物の女性が沢山います。なかには舞妓さん風のお嬢さんもちらほら、皆カメラを向けています。南門の鳥居を出た所本物かどうか判りませんが、この辺りにはお似合いです。だらりの帯の先の模様... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/07 22:53
小代の吉滝
小代の吉滝 今日は濃霧注意報が出ています・冬枯れの山、竹田城を見てみようと、急遽カメラをバッグに詰め込んで出かけました。でも、どこにも霧はなく見えるのは春霞のみ、天気予報の今日は放射冷却ですから の予報にもかかわらず残年な事に・・・ そうだ!! 前から行ってみたかった ”裏見の滝” に行こう。幸い北近畿豊岡自動車道はただだし, 日高神鍋高原ICを下りて482号線へ、おじろスキー場、みかたスノーパークに向かって行く事、どんどん。 おじろスキー場を過ぎたら吉滝キャンプ場を目指してどんどん。 吉滝キャンプ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/01 13:51
綾部山梅林へ
綾部山梅林へ 何年かぶりに綾部山梅林に行ってみました どの花でも同じですが、満開のタイミングで行くのはなかなか難しいようです。今回も、昨日に雨が降って、今日は結構強い風、 あっ、今日は3月13日です。 南門の入場口の係りの人に、「もう盛りは過ぎちゃいました?」と、「はい、おととい辺りがピークでした」と、そうでしょう、10日に来ようと思ってたのに、急用なんかがあってこれなかったなぁ 残念 まぁ、気分を入れ替えて入口のおじぞうさん ピンクの雲海のように成っててなかなかです海とのコントラストもいい感じ梅の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/16 08:16
雲辺寺にて
雲辺寺にて 雲辺寺って、観音寺市側から車で行くと、最終がロープウェイ駅に成ります。ロープウェイの駅まで自動車以外ではいけません。もちろん徒歩もOKですが・・・ ロープウェイの駅までバスがあります。もう一つのルートは阿波池田の方から自動車で雲辺寺駐車場まで行けます 雲辺寺山の頂上は展望も良く観音寺市が一望のいい所です、しかもすぐ横にスキー場があります。この時期、スキー・ボード客の方が多いロープウェイ、そんな所に雲辺寺はあります そこで出会ったのがこのワンちゃん、背中の布はお洋服ではありません。背中に 南無... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/11 16:52
日光寺
日光寺 近くの日光寺山に久しぶりに行ってきました 足腰を鍛えるにはちょうどいい所です 勾配15%ほどの斜面が2km程続きます。しかも山頂はテレビの中継局に成っているので、道もアスファルトで雨の翌日でも問題なしです。道路票8番ぐらいから分岐があり山道に成り、日光寺に到着です。 道路距離標は15番が最終で、NHKの中継局に成って山頂です。少し下に民放の中継局があり、道中に見える一番大きな塔は県の防災無線用の様です 以前に登った時は、道中あまり展望の良い道ではなかったのですが、背の高い木が枯れて白くな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/08 15:05
早春の花
早春の花 去年は何かと忙しくて行けなかった六甲高山植物園。例年より早く特別開園があると知り行ってきました 兵庫薬科大学の沖先生の解説があります。先生の解説は目からうろこ、新しい発見がいっぱいでした。なぜ赤い花なの?なぜ黄色い花なの?なぜこの花は上を向いて咲くの、下を向いて咲くの、なのになぜ下を向いて種ができるの、上を向いてできるの?などなど、メモを取ってる人もたくさんいました 早春の花は広葉樹の下で早春の光の中で出て来る花径1cmに満たない可憐な花です さっそく節分草から ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/24 22:36
本法寺 善想寺 転法輪寺
本法寺 善想寺 転法輪寺 久しぶりの京都です 観光協会の企画で1月から3月18日まで「京の冬の旅」と言うのをどこかの雑誌で見て行ってみたのです 建仁寺の塔頭や智積院、大徳寺、相国寺、仁和寺、妙心寺の塔頭、東寺の五重塔など非公開文化財を公開しているのですが、どの寺院も2度・3度行っていて、もちろん見たことのないものもあるのですが、今回は、一度も行った事のない所に行ってきました 本法寺、善想寺、転法輪寺は行った事がありません どの寺院もお墓が在って、檀家さんと結びつきのあるリアルな寺院です ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/21 01:14
明石 ウォーキング
明石 ウォーキング 久しぶりに明石の町歩きに来ました 最近明石の町の話題がテレビでにぎわっているから 到着するとお昼過ぎ、軽く昼ご飯と言う事で明石駅近辺へ、関西人を狙い撃ちにした様なお店を発見 明石と言へばたまご焼、卵焼きと言ってもいわゆる卵焼きではなくて外見はたこ焼き風のふわふわした物、これをだしにつけながら食べるのです。アツアツのたまごやきを冷たいだし汁につけるて、だしの中でほろほろと解けそうになったのを食べるのです。最後にたまごやきのとけたおだしを飲むのがまたうまいのです。 明石に来るとたまごやきが食... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/12 12:26
今日の姫路城
今日の姫路城 今日は1年に一度有るか無いかの雪景色です 平成の大改修で白くなったお城がますます白くなりました まずは西の方、千姫小径から歩きました 好古園の林の向こうに本丸が見えています 中堀の鯉、エサを求めて集まるこいも動きが緩慢です。寒さもせいでしょうか 右側が中堀左側の少しだけ見えてるのが船場川、江戸時代の人口の川だとか。この道が千姫小径です 北勢隠門から内堀の道へ入ります 気温が上がって雪が解けてきました 南に戻ってきました。現在、中堀は東側と西側だけで南面・北面は埋められて道路です。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/11 17:06
蝋梅
蝋梅 我が家の蝋梅が咲きました 年が進んで我が家で最初に咲く花はこの蝋梅です 赤でもなく白でもなく、ピンクでもない半透明の淡い黄色の花です 蝋細工の様なきれいな花です、梅のような匂いですがいわゆる梅の仲間では無いようです ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/11 06:36
尾畑春夫さんとは
世間でスーパーボランティアと言われている尾畑さん 私には最近観音様のように見えてきました 僧侶でも何でも無い私が耳学問で教えてもらった観音さまとは、なんと言うか簡単に具体的に言うのは難しいのですが 例えば、京都の三十三間堂の千手千眼十一面観音菩薩さまを例にとると まず、菩薩さまは悟りを開いた如来様を目指して修行中のかたなのです 観音様は、、人を救うと言う修行をして、悟りを開き、如来様に成ろうとしてらっしゃるのです 三十三間堂の千手千眼十一面観音菩薩さまは、仏像としては四十本の手をお持... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/08 22:14
謹賀新年
謹賀新年 今年も年越しの準備が出来ていようがいまいが、新年はやってきます ただいつものように地球が物理の法則に従って、ごろんと1回転するとやって来るのです でも、「おめでとうございます」、「おめでとうございます」と言っているとなんだか正月に成って来ます 要はどれほど「おめでとう」と言うかにかかってる様に思われます ですから ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/02 05:57
長谷寺
長谷寺 温泉寺で十一面観音様のこと、長谷寺の十一面観音菩薩のことを書いていると、やっぱり長谷寺に行ってみたくなりました ちょっと風邪気味なのを押して行って来ました 大きさが違うとはいえそっくりです。胴とと足の割合、どっしりとした脚部、少し出下っ腹、うつむき加減の視線、などなど、観音様としての基本的な特徴はもちろんです 長谷寺の観音様は金色ですが温泉寺の観音様は木目のまま、過去に金箔を付けたり色を付けたりは判りません ここの観音様も御開帳中で、そばに行って足元に触ることが出来るのです 花のお寺と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/05 13:56
横峰寺
横峰寺 普通、寺院をお参りするときは山門をくぐった後、手水舎で手口を清めますが、ここ四国60番札所は本堂、大師堂のほうに先に到着してしまいます 歩く遍路ならば手順どうりに進むのですが、あまりにも山深く駐車場スペースもままならない所、ここでは隣の尾根に駐車場が作られている為に山腹を横断して横峰寺に行く事に成るからです とはいえ横峰寺までそんなに長い距離ではありません、駐車場から20分も歩けば到着です。ほかにもっともっと歩かないといけないころはたくさんあります、でもここまでの車での道中が長くて、すれ違い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/03 16:39
温泉寺
温泉寺 最近但馬地方によく行きますが、理由があるのです 北近畿自動車道が出来つつあり日高町まで開通しています 和田山から有に1時間以上かかっていたのが30分以上短縮されています しかもタダなのです ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/03 15:29
久万高原 古岩屋
久万高原 古岩屋 四国は愛媛、標高が高いところは紅葉もそろそろきれいに成って来ました、県道12号西条久万線を走っていると 通常と違った景色が現れます 円錐形のごつごつした山、穴がぼこぼこ空いたふしぎな山?岩?です ちょうどドライブイン・国民宿舎があったので車を止めて見物しました 看板によると国の名勝で観光名所のなのでした ここの久万高原、古岩屋(ふるいわや)と言う所は4000万年前の地層で礫岩で出来ています 礫岩と言えば海の底などで、岩や砂が押し固められてできた岩です ただここに見えているのは高さ1... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/09 11:41
但馬へ行こう
但馬へ行こう 最近ちょくちょく但馬方面に行きます だんだん赤っぽくなって行くのがわかります 今日は黄色を見たくてやって来ました 白井大町藤公園の入口にある大森神社の大銀杏です ここの藤棚は有名です。5月にこの白井大町藤公園と百毫寺を連チャンした時に見つけていた銀杏 春だけでなく秋にぜひこの銀杏を見てみたいと思っていたのです 加西から西脇に行く道筋に大きな銀杏があって、一度は写真をと思っていたら、ある年銀杏が折れていました雷が落ちたのだそうです 雷が落ちないうちに早く ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/08 10:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

軟弱ウォーカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる