テーマ:京都

少し遅い京都

京都の紅葉も少し遅いのですがなかなか出かけられずに今日に(12月3日)に成ってしまいました 午前中は高台寺の駐車場に車を止めて石塀通りを少し歩いてくくり猿の庚申堂へそのまま八坂の塔を過ぎて二寧坂、もう一度高台寺の下を通り過ぎて八坂神社、大谷祖廟をお参りして午前中、 ここでエピソードを一つ、高台寺の西の階段を上がっていると母娘の二人連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安祥寺 長楽寺 一般公開

山科区の安祥寺、寺内自体が非公開の寺院ですが、5月12日まで公開されました。中でも十一面観音様は一般には初公開です。このお寺の、五知如来坐像(国宝)は京都国立博物館に寄託されたのでご覧の方も多いかもしれませんが、この十一面観音様は10年ほど前の大遣唐使展で初お目見え以来の事です。半丈六(2,5m)の立派な観音様で、水瓶を左手にお持ちで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高台寺、八坂あたりをぶらぶら

陽気に誘われてとは言え、桜には少し早いし、庚申さんには少し遅い半端な時期に高台寺、八坂神社あたりをぶらぶらしてきました。まずは高台寺駐車場から八坂の塔 有名な八坂公園の枝垂れ桜はまだまだですが周りは花見のゴザで木に近づけません。根元の若い桜は5分咲きぐらいかな。グルリと一周、八坂神社にお参りして南の門から出ます。今日は着物の女性が沢山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本法寺 善想寺 転法輪寺

久しぶりの京都です 観光協会の企画で1月から3月18日まで「京の冬の旅」と言うのをどこかの雑誌で見て行ってみたのです 建仁寺の塔頭や智積院、大徳寺、相国寺、仁和寺、妙心寺の塔頭、東寺の五重塔など非公開文化財を公開しているのですが、どの寺院も2度・3度行っていて、もちろん見たことのないものもあるのですが、今回は、一度も行った事のない所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修学院離宮

今回は修学院離宮に行ってきました 皇室の所有と言う事、予約が必要だと言う事で、ついつい後回しに成っていたんですが 10時集合です。40人程をまとめて案内してくださるのです 案内人はもちろん宮内庁関係の人、観覧者の最後尾には皇宮警察の人(私服ですが結構カタそうなシャツ姿)がいます 3か所に分かれた離宮にはそれぞれカギがかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

圓通寺

そろそろ修学院離宮に行こうと調べ始めると、その前に後水尾上皇が離宮とされている所があるとの事 さっそく行ってきました 廊下を歩いて、枯山水の庭が見えてくると絶景です 生垣と大きな檜の向こうには比叡山がくっきり なんともきれいな落ち着く所です ちなみに写真撮影は建物に向かっては禁止です 中庭もNGです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神光院

京都三弘法めぐりと言うお参りがあるようです 東寺ー神光院ー仁和寺と21日にお参りするようです 東寺、仁和寺は何度か行った事がありますが、神光院のことは知りませんでした 弘法大師のご入定日の21日には行けませんが、一度行ってみたいと思っていました 三弘法の一つと言うには驚くほどひっそりとした所です 私達が行ったときには参拝者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵山 2018

今年の海の日は京都宵山の日です 福岡へ行けば博多祇園山笠の日でもあります 山鉾巡行には何度か行った事がありますが、宵山は初めてです とはいっても行ったのは宵ではなく巡行前日昼間です 道中、またまた田舎者をしてきました 中国道、若狭道を通って篠山からR372で亀岡まで、イオンの駐車場が終日300円なのでお邪魔させてもらいまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャガ 綾部市

シャガは山歩きのとき、ふもとの林道なので時々見つけます お日様の下で咲き誇るような花ではなく、どちらかと言うと日陰で日中の一定時間のみにお日様の当たるような場所に咲いている様に思います だからと言って地味な花ではありません 綺麗な色彩の清楚な花です しかもこんなに群生を見たことがありません 地元の人に聞くと冬には1m近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の梅

今年一番印象に残った梅は、北野天満宮の梅園 いくら有名な梅や桜の名所でもタイミングを逃がせば残念なものです 洛中の北西端に位置する北野天満宮 何度も行ってますが、花が盛りの時に行かなければ、感動も薄くなります 今年やっと盛りの梅に出会えたという感じ 御土居から見た梅 これはイマイチでしたが、盛りの頃にもう一度行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都ツーデーウォーク

3月5日 参加者の集計ですが、20kコースは1100人ほどです 京都ツーデーウォークに参加です 名前の通り2日間歩くのですが、3月4日は所用で参加できず5日だけの参加です 事前申し込みをと思ったのですが、それも期日が過ぎていて当日参加です 20kコース 梅小路公園に朝8時から受け付け、9時出発です ここは、40kコース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山

久々に嵐山に行きました しかも大雪 中国道から京都縦貫道に入ると車道の両側は雪が積もっています 大原野インターを降りると路面は真っ白です 前に割り込んで来たミニクーパーもトロトロ運転 どうやら冬タイヤでは無さそう 9号線に交わる交差点手前の下り坂が危ないと思いきや、 案の定、左側の縁石をこすって止まりました まあ昼頃には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛宕さん

今回は愛宕神社へのお参りです 落語でも米朝、枝雀、松鶴師匠など愛宕詣の演目が有ります でも登山道は厳しい、整備されているけれども、きつい 924mの山頂に在って、麓の清滝からは標高差800m以上もある 富士山の5合目から8合目へ登るよりは楽なはず。酸素はいっぱいあるから・・・ 出発は予定より少し遅れて9:00 表参道から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真如寺から

萬年山真如寺、あまり知られていません 相国寺の3つ在る山外塔頭の内の1つです、あと2つはあまりにも有名な金閣・銀閣寺です 足利尊氏の側近で自身も源氏の血を引く高師直、足利直義(尊氏の弟)の庇護の元整備された真如寺 3代将軍足利義満は金閣寺、 8代将軍義政の銀閣寺ならば、 一番古い山外塔頭と言う事になります 五山十刹の一つと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大文字山 新島襄八重さん墓 青おにぎり

銀閣寺の近所に車を止めて 銀閣寺まで少しの哲学の小道 銀閣寺前を左折、八神社前を右折、朝鮮学校前を右折 登山道の入り口です  大文字、宗教施設です 入り口のお地蔵様に道中の安全と道に迷わない事をお願いして、いざ出発です 幼児園の年少さんから年輩の方まで、多くの方が登っています 最初はこの年少さんの後ろを歩いていましたが、さす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴船神社 鞍馬寺

いざ新緑の鞍馬山に 出町柳から叡電で行きます 貴船神社をお参りして鞍馬寺西門から入って鞍馬仁王門に抜けて叡電鞍馬から帰ります 貴船神社は女性の方がたくさんいらっしゃいます 御神水での水占いをしているには全員女性ですと思ったら、おじさんが一人混じってました 男女の仲だけが縁ではありません、仕事や仲間、サークルいろんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松尾大社、清明神社、西陣会館

本来は、清明神社が目的地で、付近のどこを歩こうかと考えながら高速道路を走っていましたが京都南口渋滞との情報で急遽、京都縦貫道に乗り換えて、大原口にて高速を降ります 苔寺、松尾大社などが近くですが、苔寺は要予約ですからまず松尾大社にお参りに行きました 予備知識ゼロ、名前は知っているっていう感じ 大きな鳥居から入ると左側に駐車場が有り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上7社 AKB48ではありません

二二社、上七社、ご存知ですか 伊勢神宮内宮、外宮 上賀茂、下加茂神社 松尾大社 平野神社 伏見稲荷大社 春日大社 石清水八幡宮 そう言えば、あと石清水八幡宮へ行けば OK 早速四月十日に行きました 桜が残ってないかなぁと・・・  今年もあっと言う間に咲いてあっという間に散ってしまいました ここも、ほとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊国廟へ行った事はありますか

豊国廟 智積院と妙法院との間の坂道、俗に女坂と呼ばれる坂道を東に、左右は京女の大学、付属高校、付属小学校などが並びます。 坂道の南側ところどころに、わずかな隙間を見つけておしゃれな喫茶店がはまり込んでいます 北側はは、京都女子大ですが、私学です さらに東へ、森が見えてきます。豊国廟の門です階段ばっかりの豊国廟に来る人も珍しいでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東寺を歩く

嵯峨天皇の大覚寺、京都五山などなど歩く内に、東寺へ行きたくなって来ました 平城京から平安京、奈良から京都、天武天皇系から天智天皇系へ、桓武天皇、嵯峨天皇、 空海と最澄、比叡山と高野山 京都の入り口には大きな五重の塔、真っ黒ですが 通りすぎるだけで行った事が有りませんでした でも嵯峨天皇が空海に託した寺院 真言密教、曼荼羅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉涌寺から東福寺、伏見のお稲荷さんへ

今日は泉涌寺、東福寺、伏見稲荷です 京都駅からJR奈良線で東福寺でます 降りて右に行けば東福寺、左に行けば泉涌寺です 今まで、「せんつうじ」って読んでたのですが恥ずかしい 「せんにゅうじ」です 何々山XX寺ではなく、御寺(みてら)泉涌寺です 京都の人は田舎者めと思っているでしょうが・・・ 泉涌寺の手前に丈六戒光寺でお釈迦様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将軍塚から

将軍塚からの夜景です 右手の黒い四角は御所です 京都駅は左の中ごろです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡崎神社から慈照寺、哲学の小道

先日将軍塚から見た右手の杜のあたりを歩きます 岡崎神社からです 平安遷都に際して都の四方を守る為の神社の一つで、御所の東を守っています 東=”卯”の方向から取ったのか、狛犬の前に兎の阿吽の像が有ります 今は安産の神様でもあります 隣りをのぞいて見ると、大谷派岡崎別院が有りました 親鸞聖人が一時期、お住まいに成って居た所だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 ウォーキング 耳塚から大谷祖廟

前回に続き、豊国神社から東を歩きます 五条通りを南へ問屋町通りに車を停めます 東南東に歩くと、方広寺の正面通りに出ます 右手に耳塚 前回、豊国神社の鐘がポツンと寂しい様な事を書きましたが 気に成って、再度訪れました 梵鐘を訪ねる前にもう一つ確認しておかないことがりあります この唐門は左甚五郎の作で この鶴はあまりにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都ウォーキング JR京都駅あたり

嵐山辺りまで行ったので次は、渡月橋を渡って、 松尾大社、苔寺、桂離宮方面へ行こうと思っていたのですが 桂離宮は予約が必要とか、苔寺では予約の上に写経が必須とか 少々行くのが億劫に成って、 急遽、京都駅周辺に替えました この京都歩き、最初は清水寺からです 南東部はまだ歩いていません そこで主な行先は、 東寺、東・西本願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都ウォーキング 嵯峨野あたり

京都の町歩きも久しぶりです 前回JR嵯峨野駅まで歩いてきたので、ここから、嵯峨野鳥居本、愛宕念仏寺まで歩きます 嵯峨嵐山駅のすぐ南の駐車場に車を止めます ここから、嵯峨嵐山駅内を横切って北へ出ます まずは、大覚寺へ向かいます 丸太町通りを少し西に、すぐに清滝道です 清滝道を、北へ進みます 大きな看板で大覚寺右折です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都ウォーキング

先日の方金剛院から1週間です 続いて今回は蚕の杜、広隆寺、車折神社、芸能神社、鹿王院、トロッコ嵯峨えきまでです ですが、法金剛院の桜が気になって、もう一度法金剛院の枝垂桜を見ました。さらにきれいですが、はしごはそのままです 退蔵院もひょっとしたらと思って、もう一度行ってみることにしました 妙心寺は駐車場が有りますが、第3駐車場ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都ウォーキング

前回に引き続いて今回は妙心寺から仁和寺、龍安寺、法金剛院です JR円町の近所に車を止めて、妙心寺に向かいます 実際には花園駅の方が近いのですが、前回、円町まで歩いたので、円町に車を止めました 西に向かって歩いて行くと、花園高校の校庭の桜の前で着物姿のお嬢さんが記念写真を撮っていました 京都からなの?? 茶道部か琴のクラブなのでし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都ウォーキング

久しぶりに京都ウォーキングです 前回に大徳寺まで歩いたのは・・・と思って調べると、一昨年の12月12日以来でした 今回は、2月11日 前回見つけた京都駅前の西洞院通りの駐車場に車を止めて地下鉄で北大路まで、バスに乗り換えて大徳寺前 ここから、今回は建勲神社、金閣寺、平野神社、北野天満宮辺りまで歩きます              …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都歩き 二条城から大徳寺

今日は、二条城に車を止めます 今年はなぜか、たいした混雑も無く、京都南インターも渋滞になりません             銀杏の下は黄色いじゅうたんの様に 場内に入って南の唐門から入ると  入り母屋破風と唐破風がきれいに並んだ、書院造りの二の丸御殿が目に飛び込んできます 日本建築の美しさは屋根瓦のリズムもきれい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more