小代の吉滝

画像
今日は濃霧注意報が出ています・冬枯れの山、竹田城を見てみようと、急遽カメラをバッグに詰め込んで出かけました。でも、どこにも霧はなく見えるのは春霞のみ、天気予報の今日は放射冷却ですから の予報にもかかわらず残年な事に・・・
そうだ!! 前から行ってみたかった ”裏見の滝” に行こう。幸い北近畿豊岡自動車道はただだし,
日高神鍋高原ICを下りて482号線へ、おじろスキー場、みかたスノーパークに向かって行く事、どんどん。
おじろスキー場を過ぎたら吉滝キャンプ場を目指してどんどん。
吉滝キャンプ場前を左折、いよいよ目的地ですが、駐車場が有るか無いか。道が細いだけにだんだん心配に成って来ました
目的地手前の分岐点に、農作業の男性を発見、482号線から分かれてだれ一人とも出会わなかったのにこの山中のぽつんと在った畑で人間に出会えてラッキーです
画像

道を聞いただけですが、このあたりの牛が但馬牛の原点である事とか、山菜の話、タケノコの話などなど、20分ぐらいはお話を聞けました。道はこの先もっと細い所があるし雪も残っているかもしれない、駐車場は3台ほどの所、5台ほどの所が2か所あるとの事でした。これで安心いざGO!GO!!
画像

右にハンドルを切って2~3分、坂道は急でもきれいな道と思っているとなんと雪だまりが・・・ ちょっと歩いて確かめるとザラメに成った雪が再び凍っている、しかも30Cm~40Cmぐらいありそう、ヘアピンの様なカーブで斜度もきついめ。いくらスタッドレスとは言えここから歩くことにします
歩くと雪は50mほどでしたが、やっぱり自動車では無理だったでしょう。おじさんの言っていた駐車場を2つ過ぎて奥の駐車場にこの看板
画像
遊歩道なのですが雪が沢山残っています。
画像
登山靴にすればよかった、「備えあれば憂い・・・」「急がば廻れ・・・」だなぁ なんて思って歩いていると
画像
2本爪の生き物、鹿だと思います。
画像

クマの足跡は無いようですがまたまた心配に・・・
休憩所が見えてくるとその奥に滝が現れました
画像
下段が3m上部が25mの滝です
画像

滝の裏側にお社があるので狛犬も配置されています。残念ながら、まだお社には越冬用のブルーシートが巻かれています。おそらく雪もたくさんでしょうし、動物や枯れ枝などから守るためでしょう。吉滝神社と言います
横から見ると
画像

裏から
画像
さらに反対側の横から
画像
岩の中から出てきているような小さな滝もあります
画像
画像
最後に振り返ってもなかなか良い滝だけれども、お社のブルーシートだけが残念でした
歩行数12550歩でした お疲れさま

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス