温泉寺

最近但馬地方によく行きますが、理由があるのです
北近畿自動車道が出来つつあり日高町まで開通しています
和田山から有に1時間以上かかっていたのが30分以上短縮されています
しかもタダなのです

播但道は有料で姫路から和田山まで1000円以上かかりますがその先の北近畿自動車は無料なのです
以前に播但道の収益が北近畿自動車道に回されると聞いたことがあります。これではいつまで待っても播但道は無料解放されません。かつて日本の有料道路はほとんどが何年かで償還完了し、それと共に無料開放するように約束されていました。しかし維持補修と言う問題をカバーしきれずに通行料は今やそのまま維持される事に成ったのです・・・ 百歩譲って料金がそのままその道路に修繕費として使われるなら仕方がないとしても・・・
同じ兵庫県下とは言え播磨地方で集めた金を但馬地方に使って、しかも地元から金を取らないなんて不合この上ないことだ と思いませんか。利用者負担の原則はどうなっているんだ!!!税金じゃないんだぞ!!
南北の地域差の改善の為になどと言う人がいるかもしれないが、 じゃぁ 播但道の南部(海浜部)と北部(山間部)の改善はどう考えるのだろう。
兵庫県下で南北、つまり播磨と但馬、摂津と丹波の間で有料道路なのはここだけなのだ。南北の地域差が気になるなら兵庫県道路公団こそ諸悪の根源だと思いませんか
残念だ

話がそれてしまいましたが 本題に戻ります
城崎温泉の奥にある温泉寺
ここの十一面観音菩薩様は奈良の長谷寺の十一面観音菩薩様とおなじ仏師が作ったそうです。しかも同じ木で、ふとい幹の部分で長谷寺の観音さまを、木の先っぽで城崎の観音様を刻んだそうです
木の先っぽだから木の先、漢字が替わって、城崎となったそうで、同じ木だと言うことは確かめられているそうです さらに、鎌倉の長谷寺の十一面観音様も同じだと言われています。
なかなかいわれのある由緒正しきお寺なのです
その十一面観音菩薩様が33年ぶりのご開帳なのです
ご開帳、ご開帳と言っても一ヶ月や二カ月間ではありません、三年間です
心が広いというかおおらかというか、1か月や2か月の御開帳では、忙しくて行けない人がたくさんいらっしゃるかもしれません。少しでも沢山の人と縁が結べるようにとの事でしょうか

城崎温泉を奥へ奥へと行くと温泉寺の山門に到着です
画像
末代山の変額
画像
ほとんど階段の参道を三十分も登ると本堂に到着します
道中、バラバラと大きな音、天気予報ではなんとか雨は降らない様な予想だったのに??? しかも
急に足元に小石が増えたような感覚、足元を見るとそれはドングリでした ドングリが雨のようにたくさん落ちて来たのです ドングリってこんな落ち方をするるんでしょうか いずれにしても初めての経験で驚きました
ドングリはどの木だ??、参道脇にある宝篋印塔や、お大師さんと仏様のペアの石像などを見て登っているとあっという間に本堂に到着
画像
画像

ここはロープウェイもあって、それに乗ればものの5分もあれば到着なのです
画像


33年ぶりの御開帳と言う事もあって、住職が丁寧に説明してくださいました
御朱印も書いたものが置かれていたのですが、これをもらって帰るか などと話していると住職が朱印帳をお持ちなら書きましょうかと声をかけていただいて、目の前で書いてもらいました ありがとうございます。置いてあったのと同じ筆跡ですが何かうれしいなぁ

ここの多宝塔の横から大師山の頂上展望台、奥の院に行ける道があるはずなのですが、途中で道が消えていて(今年の何とか台風のせい)歩いての登拝をあきらめてロープウェイにしました ほかに荷物の搬送路があって軽四が登れる道があるのですがこれは遠慮しました
ロープウェイで3分、頂上に到着、なかなかの絶景です
ここは日本海に5kmほど、丸山川の大きな河口に当たるのがよくわかります
画像

城崎温泉に行ったら少し足を延ばして温泉寺に行ってみてください

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス