吉備路 備中高松から東総社

9月18日、台風15号や秋雨前線の合間、久しぶりのウォーキングです
朝は曇りでしたが、風もありウォーキング日和
今日もがんばって歩くぞ
11時 最上稲荷の大鳥居に車を置いて 備中高松を出発
画像

北方向に、最上稲荷の大きな鳥居、さらには高松城跡(秀吉に水攻めされた)の案内を見て思わず ふらりと行ってしまいそうなのを、今日は 国分寺や作山古墳がメインと気を持ち直して 南へ歩いていきます
岡山道をくぐって進んでいくと、田園地帯の中に、丘のような山がぽつぽつと左右にあります。
正面にも山が迫ってきましたが、これが造山古墳です ふもとに大きな看板があるからわかりますが、無かったら普通の山です。駅から歩くこと4,200歩程です
画像


ふもとまで行くと地元の人?、造山古墳保存会?の人が、近づいてきて 古墳の説明をしてくれました。
日本で4番目に大きな古墳だとか、1番目から3番目の古墳は天皇陵なので入れませんが、ここは天皇家以外で入れる最大の古墳だそうです。有力な豪族が居たのでしょう。
吉備真備よりもっと前、吉備津彦命の頃のことでしょうか
まあ、難しいことは考えずに登りましょう。あたりを見回せる良いポジションです
古墳ですから、何もありません。ここはたまたま荒神さんが後に立てられたようですが・・・
でも、山が東にあって小さな丘があって北西に田園が広がる景色は、どこかに似ている様な気がします。
奈良の甘樫の丘と 配置が似ているような・・・
現代は、稲作・畑作が中心だけれども、昔は木の実も重要な食料原だったのでしょう。
今より、もっと森が身近だった様な気がします。桃や葡萄は岡山の特産品

このあたりでお弁当と思ったのですが、古墳といっても元はお墓、次の目的地の国分寺まで歩きます
ここはお寺ですが、国分寺と言えばお葬式をする所ではなく、大和の国の安泰を願うところです
大きな五重の塔が見えてきました。造山古墳から歩くこと4,500歩

画像


京都の東寺よりも、ずんぐりとした感じ。
緩やかな丘陵に5重の塔と本殿・白い土塀は、青空に映えています。
まずはお弁当休憩
後は、作山古墳・総社を目指します
作山古墳あたりでは、けっこう疲れていたのか無口にひたすら歩いていました
天気が良すぎるのも、考えもので、かなり暑くなってきました
田んぼの中の道が歩行者専用道路に成っています ウォーキング・サイクリング専用道路です
画像

これは消火栓の蓋です。おかやまですねぇ

画像

普通は、とまれ ですよね  それとも「とまれ」は関西だけ???

今日、ウォーキングの人とは出会いませんでした。秋には、気候も良くなって景色も良いかも知れません
おなじみの帽子をかぶったサイクリングの人はたくさん居ました。
12kmほどの工程でしたが古墳に上ったり 国分寺近辺を歩いて21,000歩強でした








【中古】afb/吉備の大王古墳時代
ブックスーパーいとう楽天市場店
商品状態: カバーに傷みがあります。 コンディションランク:Bタイトル吉備の大王古墳時代著者高橋護監

楽天市場 by 【中古】afb/吉備の大王古墳時代 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

吉備の古墳(上)
楽天ブックス
備前・美作 吉備考古ライブラリィ 地方・小出版流通センター発行年月:2000年08月16日 予約締切

楽天市場 by 吉備の古墳(上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのトラックバック